Loading

選択した納骨タイプの
探し方を選ぶ

  • 地域から探す
  • 沿線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 沿線・駅から探す
  • 地図から探す
  • 路線図から探す
  • 地図から探す
  • 路線図から探す
全国から霊園・墓地を探す 全国から霊園・墓地を探す

選択したエリアの
納骨タイプを選ぶ

あんしん お墓 へ電話でお問い合わせ

0120-966-429

QRコードを
読み取ると
電話ができます。

  • ※IP電話、光IP電話(ひかり電話など)からはご利用になれません。
  • ※お問い合わせの後にあんしんお墓から折り返しのお電話がある可能性がございます。
閉じる

お墓のいろは

墓じまいとは?基本的な意味から手続き・費用まで徹底解説!

墓じまいとは?基本的な意味から手続き・費用まで徹底解説いたします

近年、跡継ぎの不在やお墓が遠いとの理由から、お墓の管理が難しくなり、「墓じまい」を考える方が増えています。

また、転勤や異動になる時期にあたり、「墓じまい」を環境の変化により身近な問題として直面される方もいらっしゃいます。

このページでは、「墓じまいとは?」「どんな手続きが必要?」と疑問に思われる方の為、基礎的な意味から墓じまいのメリット・デメリット、手続きの方法など詳しく解説いたします。

墓じまいとは?

一般に墓じまいとは、「現在建てられているお墓を解体し、区画を更地に戻してお墓の管理者に返す」までを指しますが、墓じまい後には必ず、お墓に納められていた遺骨を別の場所に供養する必要があります。

つまり「墓じまい」には、単に墓石などを撤去するだけではなく、ご先祖様の遺骨を改めて供養し直すという意味も含まれています。この「改めて供養する」という点に重きを置いて、「改葬」と言い表すこともあります。

墓じまいが必要な背景

少子高齢化や核家族化、都市への移住が進む中で、墓じまいの件数は全国的に増加傾向にあります。
「跡継ぎがいない」「遠方で暮らしていてお墓を管理し続けることが難しい」というお悩みを持つ方も多いことでしょう。

価値観やライフスタイルの変化に伴って、墓じまいを検討する方が増えるのは自然な流れとも言えます。

墓じまいをするメリット

それでは、墓じまいには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。墓じまいのメリットとは言い換えれば「墓じまいを行わないと困ること」に通じます。詳しく解説していきましょう。

無縁墓になることを防ぐ

自分がお墓に入った後、管理する人が誰も居なくなってしまった場合、そのお墓は「無縁墓」となります。

無縁墓となってしまうと当然、誰もお墓の世話をしないので、周囲の雑草は伸びたままの状態になりますし、墓石自体も朽ちていきます。周囲のお墓に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

また、墓石のお墓を所有している場合、墓地の管理者への維持費の支払いが長い間滞ると、無縁墓と見做され、他の遺骨と併せて供養されてしまうこともあります。

墓じまいを行ってしかるべき形で供養することで、無縁墓となってしまう可能性を防ぐことができます。

管理費やお参りの費用・時間を削減できる

お墓が遠方にある場合、お参りの交通費だけで出費が大きくなってしまいますし、時間も掛かってしまいますよね。お金や時間が原因でお墓から足が遠のいてしまう方も多いでしょう。

お墓をお寺で管理してもらっている場合、お布施なども併せて支払うことになります。

墓じまいによって管理しやすい場所に遺骨を移すことで、こうした費用や時間を削減することができます。

墓じまいをするデメリット

上述のようなメリットがある一方で、墓じまいを行う際のデメリットもあります。

手間がかかる

墓じまいを終えるまでには、管理者との打ち合わせや、役所への改葬許可の申請、改葬先への受入申請等、さまざまな手間と時間が掛かります。

まれに改葬先への申請を忘れていて、納骨できないトラブルが起きてしまうケースもあるようです。

現在では墓じまいニーズの高まりに応じて、申請手続きを代理で請け負ってくれる行政書士や、墓じまい専門の代行業者も多数ありますので、そのような代行サービスを活用するのも一つの方法でしょう。

親戚とトラブルになりやすい

お墓は先祖代々、一族全体に関わることですので、一人の一存で事を進めてしまうと後々大きなトラブルになります。

お墓に眠る故人の親兄弟がいる場合は、特に慎重な話し合いが必要になります。

デリケートな問題ですので、親族それぞれの想いを尊重し、墓じまいに関する話し合いと検討を重ねていくようにしましょう。

墓じまい後の改葬先と費用

一般墓

最も一般的な墓石のあるタイプのお墓です。墓じまい後に一般墓へ改葬となる場合は、新しくお墓を建て、移転することになります。

費用相場はおよそ150~200万円程、供養までにかかる期間は1~3か月程となります。

初期にお金はかかりますが、近くにお墓を建てれば管理もしやすくなります。また、遺骨を多く納めることで1人あたりのコストパフォーマンスが向上します。

永代供養墓

永代供養墓とは、寺院や霊園などの墓地管理者に遺骨を預かってもらい、自分の代わりに供養をしてもらうお墓のことです。一般墓とは異なり、お墓の供養と世話は管理者が行ってくれるので、跡継ぎがいなくても安心です。

永代供養墓には主に、合祀墓・納骨堂・樹木葬があります。
関東で人気のお寺にある「永代供養墓」特集!はこちら

合祀墓

合祀墓とは、石塔の下や墓石で形成された小屋の中で、他の遺骨と一緒に供養されるお墓のことです。
他のお墓より比較的安価で、相場は1人につき5~30万円程になります。

時期や管理者によって、契約してすぐに供養できる場合もあれば、1か月ほどかかる場合もあります。

納骨堂

納骨堂とは、遺骨を納めるためだけに作られた建設物を指し、お寺の中や周囲に建てられている場合が多いです。

棚やロッカーのように区切られたスペースに骨壺を納めるタイプのものもあれば、普段は奥の倉庫に納められ、参拝者が来た時だけ機械がお参りのスペースに骨壺を運んでくるタイプのものもあります。

費用相場は全国平均で40万円程ですが、納骨堂のタイプによって10~100万円と大きく変動します。ご自身に合った納骨堂を慎重に検討してください。また、納骨堂は契約してすぐに納骨できる場合が多いようです。

樹木葬

樹木葬とは、市区町村の許諾を得た上で、墓地の中にシンボルとなる樹木を植え、その樹木の周辺に遺骨を納める方法です。

墓地によって、遺骨をそのままの状態で土葬する場合と、骨壺に入れて埋葬する場合があります。

費用相場は10~80万円程で、こちらも墓地によって、契約してすぐに供養できる場合もあれば、2か月ほどかかる場合もあります。

散骨

散骨とは、遺骨を海や山・宇宙などに撒いて供養する方法のことです。散骨を行う場合は遺骨を粉末状にする必要があります。

撒く場所によっては大きなトラブルになる場合もありますし、注意事項を守らないと違法となる可能性もありますので、十分注意しましょう。

また、散骨の場合は改葬の手続きは必要ありません。費用は散骨方法によって大きく異なりますが、相場は5~10万円程になります。

手元供養

手元供養とは、自宅で遺骨を保管し供養する方法のことです。骨壺で保管するのが一般的ですが、ペンダント等に入れて常時身に着けておくこともできます。

散骨の場合と同様、改葬の手続きは必要ありません。

墓じまいに必要な手続きと費用

墓じまいをするためには、改葬先や行政などさまざまな機関に連絡し手続きを行う必要がありますが、主な工程は下記の5つになります。順に見ていきましょう。

ステップ1.親族、墓地管理者の同意を得る

トラブルを避けるため必ず親族と慎重に検討して、同意を得るようにしましょう。また、お墓の管理者にも話を通しておく必要があります。

寺院墓地であればお寺の住職、共同墓地や公営霊園であれば管理事務局(又は墓地のある地区の自治体)へ必ずお問い合わせをするようにしましょう。
寺院墓地によっては離壇料を請求される場合があります。金額はお寺によって大きく異なり、1万円程の場合もあれば20万円以上かかるケースもあります。お寺の住職としっかり相談してください。

また、お問い合わせして墓じまいの許可が降りましたら、この段階で「埋葬証明書」の発行をお願いしておくと良いでしょう。「埋葬証明書」とは現在遺骨がお墓に埋葬されていることを証明するための書類で、行政手続で必要になります。

ステップ2.改葬先の決定・確保

同意が得られたら、行政手続きの前に改葬先の決定を必ず行いましょう。改葬先が確保できていない場合、行政への申請ができないからです。

改葬先が決定したら、「受入証明書」を発行してもらうようにしましょう。「受入証明書」とは遺骨の受け入れ先が確保されていることを証明する書類で、行政手続の際に必要になります。

ステップ3.行政手続

改葬先が確保できたら、現在のお墓がある地区の自治体に「改葬許可証」を申請しましょう。

「改葬許可証」を発行してもらうには、下記3つの書類を提出する必要があります

・改葬許可申請書
・埋葬証明書
・受入証明書

「改葬許可申請書」とは、行政に墓じまいの許可を申請する書類です。申請書は自治体にありますので、申請書内に必要事項を記入して、提出してください。

その際、ステップの1と2で発行してもらった「埋葬証明書」と「受入証明書」も一緒に提出しましょう。

申請にかかる金額は数百円ほどです。

ステップ4.ご遺骨の取り出しとお墓の解体

「改葬許可証」を入手出来たら、次は遺骨を取り出し、お墓を解体する作業に入ります。

①石材店の決定

まずはお墓を解体する石材店を決定しましょう。お寺や民間霊園などの場合、管理者が石材店を指定している場合もあります。

指定の石材店がなければ、現在のお墓を建てた石材店に依頼するか、自分で探すことになります。自分で探す場合は、数社相見積もりを取って検討することをお勧めします。

費用相場は8~10万円程のようです。

②閉眼供養(魂抜き)の供養

その後、閉眼供養(魂抜き)の供養をしてもらい遺骨を取り出します。

閉眼供養とは、墓石に先祖の魂が宿っているという考え方から、墓石から魂を抜いてただの石に戻すための供養になります。

閉眼供養を行わないと、石材店の方がお墓を解体工事を拒む可能性が高いので、必ず行うようにしましょう。

ステップ5.改葬先の納骨と墓地の返還

墓石を解体し遺骨を取り出したら、ご遺骨を改葬先に納めましょう。その際、行政から発行された「改葬許可証」は必ず持参してください。

また、今まで使わせていただいた墓地の返還手続きを行う必要があります。ご自宅に「墓地使用許可証」を保管している場合は、墓地の管理事務所へ持参して、返還手続きを行ってください。

まとめ

お墓の管理は少子高齢化が進む現代の日本にとって、避けては通れない課題の1つです。じっくり考えて話し合い、あなた自身、そして親族全体が納得して向き合えるお墓にしていきましょう。

全国どこでも!お墓選びは「あんしんお墓」
ご希望のエリア、宗旨・宗派・お墓の種類や特色などの検索条件で全国の墓所を探すことができます。
墓じまいの手順から改葬先の納骨まで、ご説明いたします。
お墓でお悩みの方は、あんしんお墓がお墓選びのサポートをいたします。