Loading

選択した納骨タイプの
探し方を選ぶ

  • 地域から探す
  • 沿線・駅から探す
  • 地域から探す
  • 沿線・駅から探す
  • 地図から探す
  • 路線図から探す
  • 地図から探す
  • 路線図から探す
全国から霊園・墓地を探す 全国から霊園・墓地を探す

選択したエリアの
納骨タイプを選ぶ

あんしん お墓 へ電話でお問い合わせ

0120-966-429

QRコードを
読み取ると
電話ができます。

  • ※IP電話、光IP電話(ひかり電話など)からはご利用になれません。
  • ※お問い合わせの後にあんしんお墓から折り返しのお電話がある可能性がございます。
閉じる

お墓のいろは

お墓参りのおさらい

【必見】7月の新盆に備えてお墓参りの基本をおさらいしよう!

この記事のポイント

・東京を中心とした一部の地域などではお盆(新盆)が一か月早い7月にあり、お墓参りの時期も早くなる。

・お墓参りに必要なものや服装を事前に知っておこう。

・お墓参りに行き、少しでも墓石にヒビや欠け、シミなどがあったらあんしんお墓にご相談を。石材店の手配をサポートします。

 

新暦のお盆は7月13~16日

 お墓参りのおさらい
一般的に「お盆」は8月13~16日を差し、勤務先、取引先の企業や銀行などの「お盆休み」もその時期です。しかし、東京を中心とした一部の地域では旧暦に従って7月13~16日にお盆の行事やお墓参りを行っています。

お盆はまだまだ先だと思って何も用意しておらず、7月に入ってから慌てることが無いように今のうちから準備をすることが大切です。
 

お墓参りに必要なもの

お墓参りに行く際は以下のものを持参しましょう。

  • お線香
  • お花と花ばさみ
  • ろうそく
  • お供え
  • 手桶や柄杓
  • 数珠
  • ライターやマッチ

これらは、いずれもホームセンターなどで揃えることができます。
数珠に関しては男性用と女性用がありますので、持っていない方は自分の性別に合わせて買う数珠を間違えないようにしましょう。

お墓参りの持ち物については以下の記事に詳細が掲載されています。
 

墓地、霊園の注意事項を確認しよう

一部の霊園や屋内納骨堂などでは、飲食物のお供え禁止火気厳禁生花持ち込み不可などのルールがあります。

お線香やろうそくをかたどったLEDライトや、仏花の造花であればお供え可能な場合もありますので、お墓を管理している寺院や事務所の規約をよく読み、記載がない場合は電話やメールで確認を取りましょう。

関東おすすめの納骨堂特集 関西おすすめの納骨堂特集

お墓参りの服装

お墓参りの際、喪服に着替える必要はありません。私服で構いませんが、派手な色や柄の服装はできるだけ控えましょう。黒や紺などの無地のシャツに、アクセサリーは外すかワンポイントにするのがベターです。
暑さ対策に帽子やサングラスを身に着けている場合は、お参りで手を合わせる際には取るのがマナーです。

お墓参りのおさらい
墓地・霊園は草が生えていたり蚊などの虫に遭遇することも多いです。半ズボン、ミニスカートは避けましょう。また、砂利道を通ることもあるのでヒールの高い靴は歩きにくくオススメしません。

お墓参りの服装については以下の記事に詳細が掲載されています。
 

お墓参りに行こう

持ち物、服装をきちんと確認し、万全の状態でお墓参りに行けば安心ですね。お盆は死者の魂が現世に帰ってくる時期なので、死者もきちんと供養してくれたことに感謝するでしょう。
お参りの際は、墓石を綺麗に掃除して、お墓の周りに雑草などが生えていたら抜いておきましょう。

墓石のシミや欠けが気になる

お参りに行き、久々に先祖代々のお墓の掃除をしてみると、気付かなかった墓石の欠けやシミなどが気になることも。しかし、墓石を新たに建立するとなると場合によっては100万円単位の金額が必要です。
だからと言って放置しておけば最悪の場合墓石が基礎から傾いたり、倒壊の可能性もあります。
また、ヒビが入ったり割れた部分を放置すると雨水が入り込んでしまうかもしれません。

お墓に少しでも問題を見つけたら、早めに修理することで劣化を防げます。
 

お墓の修理は、石材店が現場に赴きプロの目で原因を特定し、墓石が長持ちするよう丁寧に直してくれます。

お墓まいりのおさらい
あんしんお墓は全国47都道府県の石材店との提携があり、墓石を修理したいというご相談も受け付けています。
お墓の修理を考えているけれど、どちらの石材店に連絡を取れば良いか分からない。このようなお悩みの方はこちらのフリーダイヤルまで一度お電話ください。

お電話はこちら

墓石の耐震

ここ最近は日本全国様々な土地で地震が発生し、震度5を超えるものも起こっています。
既に建っている墓石も、石と石の間に専用のシリコンパッドを挟む施工など、耐震可能な場合があります。

墓石の修理にも言えることですが、素人が見よう見まねで行うと非常に危険な作業なので、必ず石材店に相談して施工してもらいましょう
また、大きな地震が発生したときに、墓石が倒壊すると修理費用も大きくなります。お墓の保険をご検討されてみてはいかがでしょうか?
 

まとめ

東京を中心とした一部の地域では、7月にお盆があります。事前に持ち物や服装をしっかりとチェックすることで、慌てずにお参りできますね。

いざお参りに行った際、墓石にヒビや欠け、シミなどがあるといずれは墓石倒壊の可能性も。早めに修理して劣化を防ぎましょう。
一から墓石を建て直すと100万円以上かかることもあり、細かく修理した方が将来的にお安くなる場合も。

また、地震の多い日本では墓石に耐震施工をしておくのもオススメです。

いずれも、石のプロである石材店にお任せするのがベストです。
あんしんお墓は全国47都道府県の石材店と提携実績あり。お墓の修理に関しても、是非一度ご相談ください!

全国どこでも!お墓選びは「あんしんお墓」

あんしんお墓では、一般社団法人 日本石材産業協会が認定する資格、お墓ディレクター2級の資格を持ったスタッフや終活アドバイザーの資格を持ったスタッフが在籍し、お墓探しのご相談を受け付けております。
是非お気軽にご相談ください。

ご希望のエリア、宗旨・宗派・お墓の種類や特色などをお聞きして、全国の墓所からあなたに合った墓所をご紹介、資料請求・見学予約まで手配いたします。
お墓でお悩みの方は、あんしんお墓がお墓選びのサポートをいたします。

あんしんお墓移動

 

TOP